大野吏映Riei Ohno

Q1.今はどんな仕事をしていますか?

CADソフトで鉄骨に付くプレートを切断するデータや、シナイ(定規)データの作成をしています。工場と事務所を行ったり来たりしながら、胴縁や手摺などの本来工事に付随するものを発注したり、見積もりをするなどの補助的な仕事も行っています。

Q2.あなたにとって大栄鉄工所はどんなイメージですか?

社長を筆頭に、とにかく明るい人が多い職場です。

Q3.大栄鉄工所に入ろうと思ったきっかけは?

以前は事務の仕事をしていて、エクセルやワードを扱うことができました。CADに触れたのは大栄鉄工所に入ってからですが、PCで絵を描くことは元々好きだったし、一から教えてもらえるということで、チャレンジしてみようと思ったのがキッカケです。

Q4.入社前と入社後でどのような印象の違いがありましたか?

鉄工所というのは私にはあまり身近な仕事ではなく、どんなものを作っているのか想像もできませんでした。実際には様々な建設工事に関わっていて、後々「あの場所の鉄骨も大栄鉄工所の仕事だよ」と聴いてビックリすることもありました。思ってた以上に社会に深く関わっている仕事なんだな、と思うようになりました。

Q5.大栄鉄工所にはどんな人が合っていると思いますか?

モノづくりの会社なので、やはり細かいモノづくりが好きな人が合っていると思います。

Q6.応募者へのメッセージ

CADを扱ったことがなかった私でも大丈夫だったので、未経験でも安心していいです。街中に自分が関わった建築物があるとうれしくなります。そんな経験ができる会社です。作業をよりスムーズにできる最新機器も積極的に導入しているので、最新技術や知識も仕事をしながら身に付く環境だと思います。

次のコンテンツ五島美奈子

DO YOU WANT TO BE A STRONG AS STEEL?

大栄鉄工所であれば、単に日々の業務をこなすだけの仕事ではなく、将来のあなたに大事な影響を与える、意義ある仕事に取り組めます。

エントリーはこちらから